庭の砂利を敷く流儀|手間をかけることで綺麗になる

婦人

道具を大事に使う必要性

草刈

草刈りは何度も行う必要があるので、道具は頑丈に設計されています。一度買うと買い替える必要がありません。劣化してしまった道具は修理することで劣化する前と同じように使用することができるので、新しいものを買わずに修理して長く使いましょう。

活用したい便利なアイテム

砂利

雑草と水の対策

自宅の庭を造る時は工夫を施すことでお手入れにかかる手間を減らしましょう。毎日のように雑草を除去しなければならない場合、体力的にも大変です。景観を損なわない形で雑草の生えづらい庭を造りたい時は砂利を敷くと便利です。雑草を生やさないために砂利を利用する際は、まず防草シートを敷きましょう。効果が上がります。こうした理由の他にも、砂利を撒くことで庭の水捌けが良くなります。水が一箇所に溜まり続けた場合は住人の足元が汚れるだけでなく、歩く際の安全性が危険です。しかし砂利を活用することで、乾きやすくなります。上記の理由で砂利を庭に敷く際は、高さを出すために大き目の種類を探しましょう。石が大きいほど水が隙間から土に落ちますので、歩きやすい庭ができます。

小石の種類

砂利は種類を選ぶことで機能だけでなく庭の見た目も変わります。高級感のある庭を造りたい時は白玉砂利を選びましょう。角のない白い小石は見ている人の心を清らかにしてくれるだけでなく、庭を明るくしてくれます。逆に落ち着いた印象の日本庭園を造りたい時は那智黒石を敷くと良いでしょう。雨が降ると深みを増す那智黒石の色は植物の緑色も引き立ててくれます。また西洋風で女性らしいデザインの住まいにはピンクチップと呼ばれる砂利が似合います。足元からオシャレを感じさせてくれる砂利ですので、庭に友達を招きたい時にも魅力的です。大粒の砂利を撒くことで住まいの防犯にも繋がりますから、歩く際に音が出やすい種類を選ぶのも良いでしょう。

扱いやすいものを選ぶ

ハサミを持つ人

体に合った道具を選ぶことで草刈をすんなり行うことができます。種類が豊富にあるので体に合ったサイズ選びをすることができます。扱いやすいものを選ぶことで効率化を図り、草刈を楽に行ることができるようになるのです。

庭木を最適な状態に保つ

剪定

日当たりのいい庭では植物が驚くほどよく育ちますが、観賞用・果実収穫用の庭木にとって伸びすぎは好ましくありません。余分な枝を切り落とす剪定作業を実施することによって庭木は美しさを維持することができるのです。樹種によって剪定に適した時期は異なりますが、造園業者や植木屋では最適な時期に剪定を行っています。